JAREC WEBSITEをご覧いただき、ありがとうございます。また、平素よりご協力いただいております、正会員、賛助会員、関連団体各位に心より感謝申し上げます。

 特定非営利活動法人日本レコーディングエンジニア協会は19996月に日本ミキサー協として発足し201841日、新たに特定非営利活動法人日本レコーディングエンジニア協会として再スタート致たすことになりました。その内容はレコーディング・エンジニアの地位向上(諸権利の獲得)と情報提供することが主な目的です。

 レコーディングエンジニアとは、スタジオその他でレコーディング、ミックス、サウンド・ミキサーの意味で、オーディオミキシングコンソール、DAWでの録音、サウンド創作、ミキシングのことを指します。近年では総称レコーディング・エンジニア、ミキシングエンジニアと呼ばれております。

 現在はDAW(Digital Audio Workstation)と呼ばれるバーチャルのコンソールでミックスをする方法が一般化されてますが多くのレコーディングは以前と変わらずアナログコンソールからDAWへの録音となっております。現在では大多数録音はPro tools で制作を行っておりそれに伴い、DAWによる個人レベルでの投資による小さなパーソナルスタジオにも拡大しております。

 音楽産業自体も、昨今の若者のCD離れや配信、ストリーミングなどによる音楽の聴き方も変わってきたことにより、制作費の削減が余儀なくされ、設備の充実した音楽スタジオでの制作は限られたプログラムのみになり、スタジオ自体も減少しています。

 スタジオは音楽を録音する場所ですが、録音に至るまでには、作曲家、作詞家、編曲家、アーティスト、演奏家、そしてその方々に関わるスタッフと、多くの人が様々なプロセスを経てスタジオでの作業へ移行されます。

 近年、スタジオでは、多くのセッションはセッション毎に1人のエンジニアで行っており、そのため、エンジニアが他のエンジニアの仕事を見る機会は殆んど無くなりエンジニアが他のエンジニアの技術を見ることが出来るのは、スタジオでアシスタントエンジニアとして仕事をする時期が最大のチャンスなのです。スタジオが無くなるということは、そうした技術を伝える場所が無くなることなのです。

 このような環境の変化で、レコーディングエンジニアは社会的にも変化を求められていま。当協会における組織の活動が個人に移行され、有意義に活用されることを望んでいる次第です。

レコーディングエンジニアという職業がいつまでも若い方々の憧れの職業であるためにも、当協会は時代に適した情報を提供すると共に、経験豊富な会員の技術の共有等、個人の活動に役立つよう運営をする所存です。

 会員構成に於いては今後、入会者を増やすため、正会員の他、一般会員、学生会員(協議中)を考えております。技術セミナー、著名エンジニアとの交流、賛助会員の新製品発表会等、積極的な活動を今後ともして行きたいと思っております。

 どうぞ是非皆様のご理解と温かいご支援を頂きますようお願い申し上げます。

                 特定非営利活動法人日本レコーディングエンジニア協会

理事長 吉田  保

(原文一部使用、前日本ミキサー協会理事長 梅津達男)

                                                                                                                                                                                                                                                      今後改訂予定

—————————————————————————————————————————————————————

Greeting

Thank you for watching  JAREC WEBSITE. Also, I would like to express  my sincere gratitude to all the regular members, supportive members, affiliation groups, who have cooperated more than us.
The Specified Nonprofit Corporation Japan Recording Engineers Association was established in June 1999 as the Japan Mixer Association and was restarted on April 1, 2018 as a special nonprofit corporation Japan Recording Engineers Association . Its main purpose is to improve the status of recording engineers (acquisition of various rights) and information.
Recording engineer is the meaning of recording, mix, sound mixer in studio and others, it means recording with audio mixing console, DAW, sound creation, mixing. In recent years it is called generic recording engineer, mixing engineer.
Currently, a method of mixing with a virtual console called DAW (Digital Audio Workstation) is generalized, but many recordings are recorded from analog console to DAW as before. Today, the majority of recordings are produced with Pro tools, and along with that, we have expanded to small personal studio through investment at the individual level by DAW.
The music industry itself, CD away and delivery of today’s youth, by which have also changed the way listen to music by such as streaming, is forced reduction of production costs, fully equipped music studio in program production is a limited of Only, the studio itself is decreasing.
Although the studio is the place to record the music, before reaching the recording, composer, lyricist, arranger, artists, musicians, and the staff involved in the people, a lot of people in the studio through the various processes It will shift to work of.
In recent years, in the studio, many sessions are conducted by one engineer for each session, so the engineers almost never see the work of other engineers and the engineers can see the technologies of other engineers Time is the biggest opportunity to work as an assistant engineer in the studio. The fact that the studio will disappear means that there will be no place to convey such technology.
Due to such changes in the environment, recording engineers are being socially demanding change. We are hoping that the activities of the organization at this association will be transferred to individuals and used in meaningful ways.
In order that the occupation of a recording engineer is forever a longing profession of young people, we will provide information suitable for the times and manage it to be useful for personal activities such as sharing of experienced members’ skills We are willing.
In the membership structure, in addition to regular members, general members and student members (under discussion) are thinking to increase membership in the future. We would like to continue proactive activities such as technical seminars, exchanges with well-known engineers, new product launch for supporting members.
We appreciate your kind understanding and  support everyone.

   Japan Recording Engineers Association

President Tamotsu YOSHIDA

(Some original used, Tatsuo Umetsu, former chairman of the Japan Mixer Association)